大型の運転免許とは?


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

車の運転をする場合、免許が必要です。さらに車の種類によっては、専用の免許を取得する必要があります。普通自動車免許があれば、一般的な乗用車はほとんど運転できます。あまり知られていませんが、普通自動車免許でも3トン以下のトラックなら運転可能です。しかしそれ以上のトラックや大型車を運転する場合には、中型免許や大型免許が必要になります。また普通自動車免許でも3トン以下のトラックなら運転はできますが、普通自動車より車幅もあり車高も高いので、ある程度の練習が必要です。

工事現場や建設現場、高速道路などでよく見かける大型トラックは、専用の免許が必要です。大型免許なしで大型トラックを運転することはできません。また大型免許を取得するにも条件がありますので、それを満たしていることが大前提です。大型の運転免許は取得にも条件がありますが、取得すれば特殊車両を除く、ほとんどの車を運転できます。

普通自動車免許では大型トラックの運転はできませんが、大型免許を持っていれば、普通自動車から中型トラック、原付まで幅広く運転できます。ほとんどは仕事で大型トラックを運転するので、仕事以外は普通自動車に乗る人も多いです。大型免許なら1つの免許で、仕事もプライベートも幅広く使えます。

大型運転免許を取得する場合、教習所に通う方法と、合宿免許に行く方法の2つから選べます。早く取得したいなら費用も安く期間も短く済む合宿免許がおすすめです。