どのくらいで取れる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大型の運転免許は合宿免許で取得することができます。卒業までの期間は通学よりも短く済みますので、早く終わる分費用も安く抑えることができます。どのくらいの期間で大型免許が取得できるかについては、大一種が最短9日、第二種が最短7日となっています。ただしこれには条件があるので、最短で目指すには条件をクリアしている必要があります。

大型大一種を最短9日で取得するには、中型8トン限定MT免許が必要です。これがないともう少し時間がかかります。第二種を最短7日で取得するには、大型大一種免許を取得している必要があります。条件をクリアしていれば、どちらも最短での卒業が可能になり
ますので、その分免許も早く取得できます。

中型8トン限定MT車免許を持っている人が、大型特殊免許とけん引免許を同時に取得したいという場合は、最短15日で卒業できます。その分料金は増えますが、一度の休みで複数の免許を取得できれば仕事にも活かせます。一般的な教習所に通って取得を目指すよりも、かなり料金が安くなります。短期集中で教習が受けられるので、上達が早くなります。大型お合宿免許で取得したい場合は、全国にある教習所から選べます。料金や合宿地など自分にとって都合がいいところを選んでください。

大型も合宿免許はある?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大型運転免許を取得出来る資格があれば、教習所に通って大型免許を取得できます。大型免許の取得条件は、普通免許を取得して3年以上の経験がある21歳以上の人です。仕事で大型トラックを運転する場合は、大型免許が必須です。仕事をするために大型免許を取得したいなら、できるだけ早く取得したいと考えます。

この場合教習所に通うのもいいのですが、まとまった休みが取れるなら合宿免許がおすすめです。教習所に通学するよりも卒業までの期間が短く、トータル費用も安く抑えることができます。大型免許には一種と二種がありますが、どちらも合宿免許で取得可能です。大型免許を目指す人は、既に普通免許を取得していますので、車の操作に関する基本的なことは身についています。

普通免許の場合は合宿免許でも最短で2週間ですが、大型免許は基本的な操作の教習はないので、一種で最短9日、二種で最短7日というのが可能です。ただし最短ですから、これ以上かかる場合もあります。合宿免許なら、交通費や宿泊費、食費なども料金に含まれていますので、お得です。少し期間は長くなりますが合宿免許中に、大型とけん引など違う免許取得を目指すこともできます。短期間で大型免許を取得したい人には合宿免許がおすすめです。

大型と中型の違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2007年から8トン車限定の中型運転免許が登場しました。それまでは3トンまでは普通自動車免許でも運転可能でしたが、それ以上は大型免許が必要でした。8トンも大型免許で運転できましたが、2007年以降は、8トンに限り中型運転免許が必要になっています。

それ以前は、免許の種類は普通と大型の2種類でした。2007年に中型免許が登場してからは、全部で3種類になり区分も変わっています。免許の種類で取得できる条件も変わってきますので、これから取得する人は条件を覚えておくことが大切です。

普通自動車免許は、18歳以上で取得できます。運転出来るのは普通自動車と最大積載量3トン以下のトラックまでです(原付も可)。中型免許は最大積載量3トン以上~6.5トンまでで、普通免許を取得してから2年以上の運転経験がある20歳以上となっています。大型は最大積載量6.5トン以上で、普通免許を取得してから3年以上の運転経験がある21歳以上の人という条件があります

大型運転免許を取得する際には、満21歳以上かつ普通・中型・大型特殊のいずれかの免許を所有してから3年以上の期間が経っていることが必要不可欠となっています。大型運転免許も他の免許と同様で、自動車教習所で学科や技能を講習し、本試験を通過することで免許を交付されるのが一般的です。

普通免許は18歳になれば取得できますので、中型の20歳、大型の21歳は最短という意味です。20歳になってから普通免許を取得した人は、年齢はクリアしていても運転経験がないので、22歳まで運転経験を積まないといけません。

大型の運転免許とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

車の運転をする場合、免許が必要です。さらに車の種類によっては、専用の免許を取得する必要があります。普通自動車免許があれば、一般的な乗用車はほとんど運転できます。あまり知られていませんが、普通自動車免許でも3トン以下のトラックなら運転可能です。しかしそれ以上のトラックや大型車を運転する場合には、中型免許や大型免許が必要になります。また普通自動車免許でも3トン以下のトラックなら運転はできますが、普通自動車より車幅もあり車高も高いので、ある程度の練習が必要です。

工事現場や建設現場、高速道路などでよく見かける大型トラックは、専用の免許が必要です。大型免許なしで大型トラックを運転することはできません。また大型免許を取得するにも条件がありますので、それを満たしていることが大前提です。大型の運転免許は取得にも条件がありますが、取得すれば特殊車両を除く、ほとんどの車を運転できます。

普通自動車免許では大型トラックの運転はできませんが、大型免許を持っていれば、普通自動車から中型トラック、原付まで幅広く運転できます。ほとんどは仕事で大型トラックを運転するので、仕事以外は普通自動車に乗る人も多いです。大型免許なら1つの免許で、仕事もプライベートも幅広く使えます。

大型運転免許を取得する場合、教習所に通う方法と、合宿免許に行く方法の2つから選べます。早く取得したいなら費用も安く期間も短く済む合宿免許がおすすめです。